作業員

車検を安く通す方法

移動手段として大変便利な車ですが、それなりに維持費もかかります。特に大きな出費となるのは車検です。事前にネット予約をしておけば、特典として割引してくれることもあるので出費を少なくすることができます。

タイヤ

ネット予約を活用しよう

タイヤ交換をしてもらう場合、店舗へ行ってタイヤ交換作業を依頼して先着の方の順番を待つ必要があるため1時間以上待つこともあります。ネット予約を使えば、予め作業時間を決めてその時間までの店舗での待機時間をなくすことができます。

ホイール

ホイールについて知ろう

車のホイールの数は多く、様々なメーカーから販売されています。もし、ホイールを変えたいという場合は横幅やオフセットに注意しなければ取り付けができないということもあるので、ホイール購入前に確認しておきましょう。

タイヤの種類による違い

車輪

タイヤ交換をする場合は、まずタイヤを外すための工具が必要になります。基本的に整備工場などで使われる工具はインパクトレンチを使用していることがほとんどです。インパクトレンチの他にもクロスレンチやラチェットを使って外すこともできますが、作業時間が大きく変わってきます。タイヤを組み替える際にはタイヤチェンジャーと呼ばれる専用の機会を使って行われます。タイヤチェンジャー種類によって取り付けができるタイヤのインチに許容範囲があるので、純正ホイールよりも大きめのサイズのホイールの場合はそのインチが対応できる場所を探さなければなりません。インパクトレンチやタイヤチェンジャーの他にもタイヤ交換で使われる工具は空気を入れるためのエアコンプレッサーやホイールのバランス調整を行うためのホイールバランサーといったものがあります。

車のタイヤの種類は数多くあり、値段も違います。タイヤの種類が多すぎてどれを選べばよいのか分からないという方もいるでしょう。タイヤは走行する道路や季節、目的によって選ぶものが異なります。例えば、寒い地方でのタイヤに最適なのは雪道でも本来の性能を発揮できるタイヤとなればスタッドレスタイヤです。通常のタイヤは低温になるとゴムが硬化し、本来の性能を失ってスリップしやすくなってしまいます。そうなると事故の元ともなりかねないので、環境に合わせて最適なタイヤを履くようにしましょう。温かい時期であれば、燃費を考慮してエコタイヤを選ぶというのもよいでしょう。タイヤには耐久性に特化したものや路面と捉えるグリップ力を考慮したもの、荒地などに適したものなどがあり、その種類によって燃費や走行音などが変わってきます。エコタイヤは耐久面が考慮されていて、転がり抵抗も少なく作られているので燃費がよく走行音などが小さいといったメリットがあります。