ホイールについて知ろう

ホイール

車の見た目を簡単にドレスアップするパーツとして、一番購入が多いパーツはホイールです。ホイールはタイヤ屋やカー用品店などから購入することがその店舗で依頼することで簡単に取り付けることができます。しかし、ホイール自体の価格は1本だけでも数万円と高額で、デザインやサイズによって10万円から20万円と金額に大きな差があります。まず、ホイールを選ぶのであれば基礎知識が必要です。ホイールを変える場合、一番注意しなければならない点はオフセットとホイールの幅です。オフセットとはホイール表面のディスクと呼ばれる部分とリムの取り付け位置です。オフセットの基準はリムの中心部から内側に入っているとマイナス数値、中心より外側の場合はプラス数値となります。例えば、プラス数値が大きい場合は取り付けをした際にリム部分が奥に入り、サスペンションに接触して取り付けができない可能性があります。逆にマイナス数値が大きければ取り付け後にはみ出してしまうということもあるのです。その数値に関しては、ホイール購入時にショップのスタッフにみてもらって決めるとよいでしょう。
ホイールは、ただ車に取り付けるだけでなくそこにタイヤも付ける必要があります。今履いているタイヤそのまま使うのであれば、ホイールに表記されているJ数というものに注意しましょう。J数とはリムの横幅を表している表記です。表記方法としては8Jや9Jといったように表し、数字の単位はインチで表されています。この幅によってつけれるタイヤサイズも変わってくるので、せっかくホイールを買ったのに履くタイヤがないといったことないよう購入前にしっかりと確認しておきましょう。